ページ内を移動するためのリンクです。

川崎重工業健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
現在表示しているページの位置です。
  • ホーム
  • 立て替え払いをしたとき

立て替え払いをしたとき

療養費として払い戻し

旅先で急病になった場合に、保険証をもっていなければ、とりあえず医療費の全額を自分で払わなければなりません。
次のような場合は、本人が診療にかかった費用を一時立て替えて支払っておいて、あとで健康保険組合に請求し、払い戻しを受けることになります。このような給付を療養費といいます。

療養費が受けられる主なケース

  • コルセットや靴型装具など治療用装具を購入したとき(症状固定後に装着したものは支給されません)
  • 9歳未満の小児弱視等の治療で眼鏡やコンタクトレンズを作成したとき
  • 四肢のリンパ浮腫治療のために弾性着衣等を購入したとき
  • 生血液の輸血を受けたとき
  • 急病などのやむをえない理由で保険証を提示せずに自費で受診したとき
  • 保険証の発行手続き中に自費で受診したとき
  • はり、きゅう、マッサージを受けたとき(医師の同意が必要)⇒詳しくはこちら

法定給付
  健康保険の給付 自己負担
療養費
(家族療養費)
保険診療相当額の原則7割 自己負担原則3割
  • ※かかった費用のすべてが給付対象になるとは限りません。
    例)医療費:保険医療機関で保険診療を受けた場合を基準に算出した額
    治療用装具:国の定める装具価格を基準に算出した額
  • ※給付割合は年齢や所得により異なります。( “義務教育就学前の保険給付は8割” など)
  • ※9歳未満の小児弱視用眼鏡は給付額に上限があります。
    → 作成費用が(眼鏡38,461円・コンタクトレンズ1枚16,139円)の範囲内の原則7割
    • ※健康保険に加入する70歳以上の被保険者、被扶養者の給付・自己負担についてはこちらを参照してください。

    手続き

    療養費をご請求される場合の必要書類をご案内します。

    必要書類
    医療の内容に応じて下記の書類を添付
    医療の内容 必要な書類(すべて原本
    治療用装具(コルセット、靴型装具等) 領収書(注1)、医師証明書(注2)、治療用装具装着確認書、
    装具写真(靴型装具のみ)(注3)
    治療用メガネ・コンタクトレンズ代 領収書(注1)、医師の意見書
    四肢のリンパ浮腫治療用弾性着衣等の購入代 領収書、医師の装着指示書
    輸血(生血)の血液代 領収書、医師の輸血証明書
    急病などやむを得ない理由により自費で支払った医療費 領収書、診療内容の明細書
    • (注1)領収書について
      治療用装具の領収書について、次の事項が記載されていることが必要です。
      ①料金明細(内訳別に名称、採型区分・種類等、価格を記載)
      ②オーダーメイドまたは既製品の別(既製品の場合、製品名を含む)
      ③治療用装具を取り扱った義肢装具士の氏名
    • (注2)証明書について
      保険医療機関が交付する証明書について、次の事項が記載されていることが必要です。
      ①患者の氏名、生年月日および傷病名
      ②保険医療機関の名称および所在地ならびに診察した保険医の氏名
      ③保険医が疾病または負傷の治療上、治療用装具が必要であると認めた年月日
      ④保険医が義肢装具士に製作等を指示した治療用装具の名称
      ⑤保険医が治療用装具の装着(適合)を確認した年月日
    • (注3)靴型装具写真について
      平成30年2月9日付厚生労働省からの通知に基づき、平成30年4月1日から靴型装具に係る支給申請書の提出に際し、当該装具の写真(患者が実際に装着する現物であることが確認できるもの)の添付が必要になりました。
      写真は「治療用装具(靴型装具)写真添付台紙」に貼り付け、療養費支給申請書に添付してください。

    PAGE TOP

    Copyright © 2014 川崎重工業健康保険組合. All Rights Reserved.