ページ内を移動するためのリンクです。

川崎重工業健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
現在表示しているページの位置です。

健康保険の給付とは

健康保険では、業務外で病気やけがをしたり、出産や死亡した場合、定められた各種の給付金を支給します。これらの診療を提供したり、給付金を支給することを「保険給付」といいます。

なお、業務上または通勤途上の事故や災害により病気やけがをしたときは、労災保険の扱いとなります。(パート、アルバイトを含む)

年齢別の自己負担割合

病院にかかるときに支払う医療費の割合は、年齢や収入により異なります。

  義務教育就学前まで 義務教育就学後~69歳 70歳以上75歳未満
外来・入院時
医療費負担額
2割負担 3割負担 現役並み所得者:3割(※1)
一般(上記以外):2割(※2)
  • (※1)現役並み所得者とは、70歳以上の被保険者で平均的収入以上(標準報酬月額28万円以上)の所得がある人をいいます。目安は次のとおり。
    • ・単独世帯の場合:年収383万円以上
    • ・70歳以上の夫婦2人世帯の場合:年収520万円以上
  • (※2)誕生日が昭和19年4月1日以前の方は1割

現物給付と現金給付

  • 保険給付を行う方法には次の2つの方法があります。
  • ・診療・投薬・手術など、病気やけがを治すために保険証を持参して受ける医療行為を現物給付といいます。
  • ・傷病手当金・出産育児一時金や立て替え払いをした後の療養費のように、健康保険組合から現金で支払われる給付を現金給付といいます。

法定給付と付加給付

  • 健康保険の給付には次の2つがあります。
  • ・健康保険法で定められた給付を法定給付といいます。全国のどの健康保険組合でも全国健康保険協会(協会けんぽ)でも同様の給付が行われます。
  • ・付加給付は各健康保険組合が上のせして行う給付で、健康保険組合によって内容が異なります。

PAGE TOP

Copyright © 2014 川崎重工業健康保険組合. All Rights Reserved.