ページ内を移動するためのリンクです。

川崎重工業健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
現在表示しているページの位置です。

整骨院等にかかるとき

接骨院や整骨院、鍼灸院、マッサージ院(以下「接骨院等」という)などでは、いわゆる「柔道整復師」、「はり師」、「きゅう師」や「マッサージ師」(以下「柔道整復師等」という)が施術を行っていますが、医師ではないため、健康保険が使える範囲は限定されています。接骨院や整骨院、鍼灸院、マッサージ院が「保険診療取扱」と看板に掲げていても、すべての施術が健康保険の対象になるわけではありません。

健康保険が使える場合と使えない場合
  ○健康保険が使える場合 ×健康保険が使えない場合
柔道整復師
  • ○急性・亜急性の外傷性のねんざ・打撲・肉離れ
  • ○急性・亜急性の外傷性の骨折・ひび・脱臼(応急手当を除き、医師の同意書が必要)
  • ×医師が治療すべき内科的原因の疾病
  • ×椎間板ヘルニア、脳疾患後遺症、神経痛、リウマチ
  • ×日常生活からくる疲労や老化による肩こり、腰痛、筋肉痛など
  • ×外科や整形外科で治療を受け、同時期に同一部位の施術を柔道整復師で受けた場合
  • ×症状改善のない漫然とした長期の施術
  • ×その他、外傷性の負傷以外の傷病
  • ×仕事中、通勤中にこうむったけが(労災保険の適用対象)
はり師きゅう師
  • ○神経痛、リウマチ、頚腕症候群、五十肩、慢性の腰痛症、頸椎捻挫後遺症、慢性的な疼痛などの慢性病で、医師による適当な治療手段のないもの(医師の同意書が必要)
  • ×慢性病でない場合
  • ×医師による適当な治療手段がある場合
  • ×疲労回復、慰安、疾病予防目的のもの
  • ×仕事中、通勤中にこうむったけが(労災保険の適用対象)
マッサ|ジ師
  • ○筋麻痺、関節拘縮、筋萎縮、脱臼または骨折の後遺症(関節機能障害等)、神経麻痺、神経痛などで、医療上マッサージを必要とする症状(医師の同意書が必要)
  • ×医師による適当な治療手段がある場合
  • ×疲労回復、慰安、疾病予防目的のもの
  • ×仕事中、通勤中にこうむったけが(労災保険の適用対象)

療養費請求の委任

通常の医療給付と違い、柔道整復師等の施術を受けたときの保険給付は「療養費」と呼ばれています。療養費とは、海外で医療機関にかかったときなどのように、治療費の全額を自分で支払い、あとで健康保険組合に請求して保険給付分の払い戻しを受けるしくみです。しかし、接骨院等においては、患者が「療養費支給申請書」に署名(捺印)して、健康保険組合への請求を柔道整復師らに委任するかたちをとります。そのため、実際には保険証を提示のうえ、医療費の3割ほどの一部負担金で施術を受けられるのです。

健康保険で柔道整復師等の施術を受けた場合は、柔道整復師らが作成した「療養費支給申請書」に書かれている施術内容(負傷名・負傷原因・負傷年月日・施術回数・自己負担額)を確認したうえで、委任欄に必ず自分で署名(捺印)し、そのつど自己負担分の領収書をもらって保管してください(整骨院等の柔道整復師については、平成22年9月から領収書の無料発行が義務付けられています)。

健康保険組合(業務を委託した専門業者を含む)では、接骨院等からの請求が適正かどうかを受療者のみなさまに照会する場合があり、万が一、健康保険対象外の内容が含まれている場合は、費用を返還していただくこともありますのでご注意ください。

PAGE TOP

Copyright © 2014 川崎重工業健康保険組合. All Rights Reserved.