ページ内を移動するためのリンクです。

川崎重工業健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
現在表示しているページの位置です。
  • ホーム
  • 検診・人間ドックを受けたいとき

検診・人間ドックを受けたいとき

健保組合では、人間ドック・住民検診などの各種検診に対する補助を行っています。
自覚症状がなくても、定期的な健康状態のチェックにご活用ください。

ただし、補助は人間ドック・各種検診とも、1年度(4月1日~翌年3月31日)に1回のみとなります。

検診補助のルール

検診に保険は利きません。(健康保険証は使用できません)

検診と保険診療の違い
検診 自覚症状のない状態で、検診対象部位の状態確認のために受けるもの 10割負担
保険診療(診察) 自覚症状がある場合や、検診や人間ドックで異常を指摘された場合に、その症状等について医師の診察・検査を受けるもの 3割負担

保険診療(診察)の対象となる検査は、補助対象外です。
例)子宮がん・乳がん検診などで、検査の結果により再検査を受ける場合は、「検診」ではなく
「保険診療(診察)」扱いとなり補助対象外となります。

  • ・補助は各検診ともに1年度に1回で、受診日に川重健保資格がある方。(主婦ドックは人間ドックに含む)
  • ・検診項目が重複した場合、1回分のみを補助となります。

検診・人間ドックのご案内

 



検診補助についてのご質問は健康管理課(担当:7-11-5751・5782、078-360-8617)まで、
検査結果についての疑問・相談等は保健師までお気軽にお問い合わせください。

  • 【参考】 その他、事業所(会社)に対して胃部検診、大腸部精密検査、歯科検診の補助を行っています。

Q&A

PAGE TOP

Copyright © 2014 川崎重工業健康保険組合. All Rights Reserved.