ページ内を移動するためのリンクです。

川崎重工業健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
現在表示しているページの位置です。

保険証

保険証とは

当組合に加入して被保険者になると、その証明書として健康保険被保険者証(保険証)が交付されます。
医者(保険指定医)にかかるとき、この保険証を病院の窓口に提出することで、医療費の一部を負担して必要な治療が受けられます。
なお、退職等により被保険者資格を喪失したときは、保険証を返却しなければなりません。

保険証は大切に

保険証の記載事項を勝手に直したり(住所欄は別)、他人に貸したりすることは禁止されています。
また、保険証は身分証明書の役割をする大切なものですから、保管には十分気をつけてください。しまい忘れたり、病院に預けたままにしないようにしてください。
保険証をなくしたり、記載事項に変更や異動があったときは、すみやかに健康保険組合に届け出てください。

高齢受給者証

70~74歳の高齢者の一部負担は所得に応じて1割~3割となっています。この一部負担割合を確認するためのものとして、高齢受給者証が本人、被扶養者一人ひとりに交付されます(後期高齢者医療制度の対象者を除く)。一部負担割合が変更されたときは、高齢受給者証も変更となります。

家族が加入するとき

結婚・出産などにより家族が加入するときは申請が必要です。 家族が被扶養者として加入するときは、健康保険組合の認定を受けなければなりません。

必要書類
  • 提出先:お勤めの事業所(任意継続被保険者は直接健康保険組合へ)
    • ※すみやかに提出してください。

家族が脱退するとき

下記のような場合、申請が必要です。
・就職・結婚・別居・死亡などにより被扶養者として該当しなくなった
・収入が増えて、被扶養者の認定条件を満たさなくなった
・仕送りをやめて生計維持関係がなくなった

必要書類
  • 提出先:お勤めの事業所(任意継続被保険者は直接健康保険組合へ)
  • 該当する被扶養者の健康保険被保険者証
  • 高齢受給者証(交付されている場合)
    • ※すみやかに提出してください。

保険証をなくしたとき

必要書類
  • 提出先:お勤めの事業所(任意継続被保険者は直接健康保険組合へ)
    • ※保険証をなくしたら、すみやかに提出してください。

保険証を破損(汚損)したとき

必要書類
  • 提出先:お勤めの事業所(任意継続被保険者は直接健康保険組合へ)
  • 健康保険被保険者証
    • ※すみやかに提出してください。

被保険者や被扶養者の氏名や生年月日等に変更(訂正)があったとき

必要書類
  • 提出先:お勤めの事業所(任意継続被保険者は直接健康保険組合へ)
  • 健康保険被保険者証
    • ※改姓・改名したら、すみやかに提出してください。

被保険者や被扶養者の住所に変更があったとき

必要書類
  • 提出先:お勤めの事業所(任意継続被保険者は直接健康保険組合へ)
    • ※そのつどすみやかに提出してください。

被保険者の資格を失ったとき

必要書類
  • 提出先:お勤めの事業所(任意継続被保険者は直接健康保険組合へ)
  • 健康保険被保険者証
    • ※資格を失った日から5日以内に返納してください。

被保険者の資格を失ったあと、引きつづき被保険者でいたいとき

必要書類
  • 提出先:お勤めの事業所
    • ※資格を失った日から20日以内に提出してください。※用紙は見本です。
 

PAGE TOP

Copyright © 2014 川崎重工業健康保険組合. All Rights Reserved.