ページ内を移動するためのリンクです。

川崎重工業健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
現在表示しているページの位置です。
  • ホーム
  • 病気やけがで仕事を休むとき

病気やけがで仕事を休むとき

被保険者が業務外の病気やけがの治療のため仕事につくことができないで、給料等をもらえないときは、被保険者と家族の生活を守るために、傷病手当金が支給されます。
なお、業務上あるいは通勤途上の事故や災害により病気やけがをしたときは、労災保険の扱いとなります。

傷病手当金

支給を受けられるのは、下記の4つのすべての条件に該当したときです。

1.病気・けがのための療養中のとき
病気・けがのため療養しているのであれば、自宅療養でもよいことになっています。
(医師の指示のもとで療養と休業をしていることが必要です)
2.療養のために仕事につけなかったとき
病気・けがのために、今までやっていた仕事につけない場合をいいます。
3.連続3日以上休んだとき
3日以上連続して休んだ場合で、4日目から支給されます。はじめの3日間は待期といい、支給されません。
その後、同一の傷病(関連する傷病を含む)で再び休業された場合には、待期は不要となります。
4.給料等をもらえないとき
欠勤時に勤務先から給料等が出ている場合、傷病手当金よりもその額が少ないときは、その差額が傷病手当金として支給されます。
法定給付
傷病手当金 休業1日につき[支給開始月以前の直近12カ月間の標準報酬月額平均額÷30]の3分の2
  • ※病気やけがで給料等がもらえなくなったとき(支給開始日から1年6ヵ月間)支給されます。
当組合の付加給付
延長傷病手当金付加金 休業1日につき傷病手当金の算定基礎となった標準報酬月額の平均額÷30の下表に相当する額が法定の傷病手当金給付満了後1年6ヵ月間支給されます。

*延長傷病手当金付加金の支給率は、平成25年10月1日以降、段階的に低減されます。

支給率変更の日程延長傷病手当金付加金の支給率
平成25年9月30日まで70%
平成25年10月1日から3分の2(約66.7%)
平成26年4月1日から60%
平成26年10月1日から55%
平成27年4月1日から50%

手続き

「傷病手当金・延長傷病手当金付加金請求書」に、医師の意見および事業主の証明を受け、健保組合に提出してください。

  • 「傷病手当金・延長傷病手当金付加金請求書」の裏面の注意事項をご覧になり、記入漏れや証明の漏れがないようにしてください。
  • 傷病手当金は給与に代わるものですから、1ヵ月ごとに請求してください。
    また、継続して請求されるときは、なるべく月初から月末までの1ヵ月単位で医師の証明を受けてください。
必要書類
  • ※傷病手当金・延長傷病手当金付加金請求書は、1ページ目が表面、2ページ目が裏面となっていますので、両面印刷、または、プリントアウト後に貼り合わせてご使用ください(裏紙の使用不可)。
  • ※労務不能の原因となった傷病の内容が、けがの場合には、「傷病原因届」を必ず添付していただきますようお願いします。
  • ※療養状況等により、担当医他に照会等を行う場合、請求から支払いまで2~3カ月かかることがあります。

PAGE TOP

Copyright © 2014 川崎重工業健康保険組合. All Rights Reserved.